<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ニューヨーク地下鉄事情その2

連休明けの月曜日。少し早めにオフィスに向かおうとアパートを出た瞬間に、同じアパートの住人(仙人?)のおばちゃんに呼び止められました。ヤバイな〜、捕まっちゃったぞと思って話しを聞いていると、「今日は電車が動いてないから、みんな途中迄歩いてるわよ〜」と親切に教えてくれたのでした。確かに、表通りまで出てみると、大勢の人が、マンハッタンの方向にゾロゾロ。
地下鉄が運休するのは日常茶飯事なので、通勤者、通学者も慌てる事なく、取りあえず進行方向に進みながら、それぞれ別の交通手段を選び始めていました。バスを待つ人、タクシーに乗る人。(ジプシーキャブは儲け時とばかりに、相乗りをさせていました。さすがです。)ちなみに私は、マンハッタンまでバスで行こうと決め、バス停に向かい、高架下を歩いていました。「結構直ぐに運行を再開するんだよなああ」と思っていた矢先、電車の音がガタゴトと!駅の階段を駆け登り、次ぎに来た便に見事乗車。少し時間はロスしたものの、就業時間前には余裕でオフィスに到着する事が出来ました。
こんな予期せぬハプニングが起こった時に、Plan B, Plan C の作戦を考えながら、いかに素早く目的地に到着できるかも、貴方のニューヨ−カー度を計る一つのバロメーターとなります。公共の交通機関を上手く使いこなしてこそ、真のニューヨーク通なのです。

c0061563_227546.jpg

[PR]
by wisdomnyp | 2005-10-12 12:43

ニューヨーク地下鉄事情

ニューヨーカーの足地下鉄。日本のそれとは違い、運行時間も不規則で、10分以上待たされる事もあれば、連続して来る事もあります。そんな地下鉄で、以外と楽しいのが人間ウォッチング。今日は、通勤電車でこんな統計を取ってみました。
1車両の座席数は6人がけの座席が6つ。2人がけが4つ。合計で44人が着席。そして、7名の人は立っていました。(この人数はかなり空いているほうです)ということで、一車両に51名が乗車していました。その内新聞を読んでいる人が12人で全体の23.5 %。以外と携帯を手にしている人は少なく1名。あと番外編で編み物をしている女性が1人いました。
私がニューヨークをに来る前(約5年前)の日本は、通勤、通学中に携帯メールをやっている人も少なかったように思いますが、今では約30%の人が必死に画面を見ています。ということは、4、5年後には、ニューヨークカーも携帯をカチャカチャやっている日が来るのではないでしょうか。
[PR]
by wisdomnyp | 2005-10-08 09:42